2018年01月30日

蔵王山 噴火警戒レベル2に

 気象庁は30日、宮城、山形両県にまたがる蔵王山で火山性微動が続いていることを受け、噴火警戒レベルを火口周辺規制の2に引き上げた。

 小規模な噴火の可能性があり、火口域から1・2キロの範囲で噴石に警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、地下の熱水やガスの動きで生じると考えられている火山性微動は28日午後7時28分と30日午前0時44分にそれぞれ1回観測された。火山性微動の観測は平成29年4月3日以来。火山性地震は30日午前0〜10時の間に4回観測された。

 28日以降、坊平観測点に設置している傾斜計で山頂の南方向が隆起する変化も継続しており、地下で熱水やガスの動きがあるとみられる。

 馬の背カルデラ内の丸山沢や振子沢では噴気や火山ガスの噴出がみられている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00000539-san-soci

蔵王山で火山性微動 今後の活動の推移に注意
https://matome.naver.jp/odai/2151729466335272801
タグ:蔵王山
posted by 切葉鳩 at 16:01 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: