2018年01月31日

今夜はスーパー・ブルー・ブラッドムーン!

 1月31日には、この月2回目となる満月が訪れる。おまけに、月はいつもより大きく見える。そして、それに皆既月食が重なる。運がよければ、この3つが重なった天体ショーを目撃できるはずだ。専門家によると、地球からこの3つが重なるのを観測できるのは35年ぶり。南北アメリカ大陸では、実に150年ぶりのことだという。

 今回、月が完全に満ちるのは、日本時間の31日22時27分。これは2018年1月で2回目の満月となり、月が地球に最接近するタイミングとも重なる。一般に、ひと月に2回満月が訪れる現象は「ブルームーン」、月が地球に接近した際に見える月は「スーパームーン」と呼ばれている。

 さらに珍しいのは、31日には場所によって皆既月食が観測できることだ。食の最大時には、月の表面が赤っぽく見えることから、この現象は「ブラッドムーン」とも呼ばれている。

 これらの現象が一気に重なることから、今回の天体ショーはいわば「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」だ。では、実際に観測できるのはどのような月だろうか。

 月が地球にもっとも近づくのは、日本時間の31日20時ごろだ。このとき、ほぼ満月になった月と地球との距離は約35万9000キロとなる。31日の満月は、通常よりも約7%大きく、14%明るい。

 だが、今回の月のショーで一番印象的なのは、まちがいなく皆既月食だろう。月食は、地球が月と太陽の間に入りこみ、月が地球の影の中を通過することによって起きる。

 月食は毎月起こるわけではない。月の軌道は地球の軌道に対して傾いているので、通常は影の上か下を通過するからだ。地球の影が完全に月を飲みこむのは、平均で1年に2回だ。

 今回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンが一番よく見えるのは、北米大陸西海岸の北部、中国、日本、そして大部分のオーストラリアだ。これらの地域では、1月31日の夜(米国は1月31日の早朝)に皆既月食の一部始終を観測できる。

 月食は、月が地球の影のもっとも暗い部分(本影)に入る20時48分に始まる。その影は左から右に広がっていき、月が完全に地球の影に飲みこまれる21時52分に皆既食が始まる。このとき、月は赤っぽいオレンジ色に変わるはずだ。

 皆既月食が続く時間は場所によって異なるが、日本では1時間17分ほどだ。その後も部分食は続き、2月1日の0時11分になると、月食は完全に終わる。

 南米大陸西側の一部、大半の北米地域、インド、ユーラシア東部では、部分食を観測できる。アフリカや南米の大部分では、残念ながら今回の天体ショーを見ることはできない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180130-00010003-nknatiogeo-sctch




posted by 切葉鳩 at 13:56 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: