2018年02月09日

葛西「ドキドキする五輪ですね」、日本勢全4選手が本戦進出

 平昌五輪は9日の開幕式に先駆けて、8日に競技がスタートした。男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル、K点98メートル)の予選が8日に行われ、日本のジャンプ陣は4人全員が順当に突破。史上最多8度目の冬季五輪出場となった葛西紀明(45)=土屋ホーム=が98メートルを飛び117・7点で20位、今季好調の小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=は101メートルの118・4点で18位。小林陵侑(21)=土屋ホーム=は98メートルの115・3点で21位、伊東大貴(32)=雪印メグミルク=は93・5メートルの106点で31位だった。全員が順当に予選通過の50位以内を確保。本戦は10日に行われる。

 葛西紀明「昨日よりよくなってきているので、手応えがあって、あとはホッとして、やっと予選通ったなという感じで、笑みが出てしまった。昨日よりはそんなに緊張しなかったので、まあ落ち着いて飛べた。いよいよ始まりましたね。ドキドキする五輪ですね。強い選手ばかりなので、そこに割って入れるように、五輪では完璧なジャンプしないと上には行けないので、完璧なジャンプ2本そろえて、表彰台目指して頑張ります」

 伊東大貴「2回目なんで多少慣れているかなと思ったが、緊張して動きも硬くなっちゃった。予選を終えたので、本戦は落ち着いて臨めると思う。風? ころころ変わるし、飛んでいてもいろんな方向から風が来ているという感覚」

 小林陵侑「まあまずまずのジャンプができた。きょうの修正点をあさってまでに直せるように頑張りたい。五輪の舞台は? いや、W杯と変わらず、自分のできることをできればいいかなと思います。今のところはあまり緊張していない。葛西と話? いいジャンプでしたね、と。あさっては初めての五輪なので緊張せずに自分の力が出せればいい」

 小林潤志郎「緊張せず楽しく飛べたかなと思うので一安心です。内容的には全然納得いっていない。修正してあさってしっかり調子を合わせたい。五輪の舞台は? あまり変わりはないですね。やることだけやるだけなので。不得意なNHなので思い切ってやりたいし、ラージヒルはもっともっといい成績出ると思うので頑張りたい。周りも五輪で実力者が集まってきていて、しっかり飛んできているので、思い切ってやりたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00000206-sph-spo




posted by 切葉鳩 at 06:08 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: