2018年03月07日

宮迫博之「これ、もう映画館」 ソニー「首かけスピーカー」、TV紹介で人気爆発

 ネックピローのように首にかけて使うソニーのウェアラブルスピーカーが、売り切れ続出で品薄となっている。

 きっかけは、2018年3月4日放送のバラエティー番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。ソニーの広報担当者によれば、番組の人気企画「家電芸人」で紹介された直後から、公式通販サイトへの注文が相次いだのだという。

 商品名は「SRS-WS1」。発売は17年10月で、ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」での販売価格は2万4880円(税別、3月6日時点)。首にかけて使うU字型のスピーカーで、ワイヤレスでテレビの音声を再生することができる。

 U字の両端部分には高音質の専用フルレンジスピーカーユニットを搭載。商品公式サイトによれば、ソニー独自の構造と音声処理によって、まるで音に包まれているような感覚を味わえる。また、臨場感を高めるために、音と連動して本体が振動する機能も搭載しているという。

 こうしたスピーカーの人気が高まるきっかけとなったのは、「アメトーーク!」の家電芸人特集だ。18年3月4日の放送で、お笑い芸人の土田晃之さんら出演者がこの商品を大絶賛したのだ。

 商品のプレゼンターを務めた土田さんは、アパートなど大きな音を出すと近所迷惑になってしまう場合でも、「(このスピーカーなら)ある程度の音量で十分」と説明。また、お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんも、

  「やっぱりヘッドホンだと、2時間映画とかを見てるとストレスがかかる」

と商品の使いやすさを力説。実際にスピーカーを試したMCの宮迫博之さんも、

  「うわ、これ振動が来てるよ。スゴい。これ...、もう映画館。これ絶対買うわ、ちょっとスゴすぎんねんけど」

と絶賛していた。また番組中には、スピーカーを試しながら掃除機をかける「実験」も行ったが、これに宮迫さんは目を丸くして「全然聞こえる」と話していた。

通販サイトで「売り切れ」続出
 こうした番組の視聴者からは、ツイッターやネット掲示板に、

  「めっちゃ欲しい...キッチン立つと、テレビの音聞こえないし、子供生まれたら、旦那も私もテレビの音量気になるよね」
  「欲しい!! ライブ映像とかゲーム実況見たら楽しそう」

といった書き込みが続出。そのほか、「耳の遠い高齢者にぴったり」「高齢者の方にもいいんでは」との意見もあった。

 実際、3月6日昼時点で、大手通販サイトのAmazonと楽天市場を調べると、「SRS-WS1」はいずれも完売状態。ヨドバシ.com、ヤマダウェブコム、ビックカメラなど、家電量販店の通販サイトでもほとんどが「在庫なし」だった。

 そのうちAmazonでは、「SRS-WS1」がオーディオスピーカー部門の売上ランキングで1位。また「マーケットプレイス」では、4万円以上のプレミア価格で商品を出品する業者が複数出ている。

  ソニーの公式通販サイト「ソニーストア」でも、話題のスピーカーは「入荷次第出荷」との状態になっており、サイト上では「ご好評により供給が逼迫しているため、入荷次第、順次注文が確定された順番から出荷させていただきます」との説明書きがある。

 ソニー広報CSR部の担当者は6日のJ-CASTニュースの取材に、

  「番組で紹介された直後から、ソニーストアへの注文が相次ぎ、ありがたいことに完売となりました。引き続き生産は行っておりますが、サイトでご説明している通り、現時点で入荷時期は未定となっております」

とコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180307-00000000-jct-bus_all

posted by 切葉鳩 at 13:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: