2018年03月13日

石原さとみ、30代迎え「見られる」から「見せる」女優に

 米映画情報サイト「TC Candler」による「世界で最も美しい顔100人」に2013年から5年連続でランクインしているナチュラル・ビューティー。

 今年は1月期のドラマ「アンナチュラル」(TBS系)で解剖医を演じ、高視聴率をたたき出したかと思うと、2月からは4年ぶりとなる舞台「密やかな結晶」に出演。ドラマで見せる元気な役どころとは違う、知的な雰囲気を漂わせる大人の女性を演じる。

 CMも2017年には8社に出演。「コケティッシュな雰囲気は抜群です。タレント自身が持っているとされる“潜在視聴率”も10%近い。どんな女優でも微妙な写りのCMがあるものですが石原さんは、はずれがない。企業側の期待も大きい」と広告代理店関係者。

 昨年は、デビュー15周年という節目だったこともあり、6年ぶりとなる写真集「encourage」を出版した。「キューバで撮影された作品は、すっぴんに近いナチュラルメークのショットもあり、“素”に近い石原が見られるということで、版を重ね、15万部に達しました。乃木坂46が席巻する写真集界で、さすがの大ヒットとなりました」と出版関係者。

 そんな彼女、実は隠れ巨乳だとか。「レッドカーペットなどでみせるセクシーなドレス姿からEカップはあるとささやかれています。締め付けられるのが嫌だということで、プライベートではノーブラ派だそうです」と映画関係者。

 10代、20代のころは、行き詰まりを感じることも少なくなく、「さまざまなインタビューで、20代半ばまでは外からどう見られているのかということを気にしていたと語っています」と放送関係者。

 20代前半には米ニューヨークに語学留学したことも。「30代を迎えて、そうした葛藤からも抜け出したようです。現場などでも自分のアイデアをかなりぶつけており、自分がどう見られるかではなく、どう見せるかというセルフ・プロデュースに向かっています」と先の放送関係者。

 一部でささやかれるイケメン俳優との関係が気になるところだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000018-ykf-ent

タグ:石原さとみ
posted by 切葉鳩 at 23:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: