2018年03月15日

たけし独立 軍団は全員残留





 お笑い界の重鎮で、世界的な映画監督でもあるタレント、ビートたけし(71)が3月末で所属事務所のオフィス北野を退社し、独立することが14日までに分かった。関係者によると、去就が注目されるガダルカナル・タカ(61)ら弟子のたけし軍団は全員残留。

 「たけし軍団」のメンバーでサンケイスポーツコラム「虎の通信簿」を担当するタレント、ダンカン(59)が14日、サンケイスポーツの電話取材に応じ「たけし軍団との絆は変わらない」と明言した。

 数日前、ガダルカナル・タカやつまみ枝豆(59)らと一緒にたけしと食事したと明かし、「みんなで『殿、そんなに仕事してたら死んじゃいますよ。ゆっくりしたらどうですか』って冗談で言ってたら、会社辞めちゃった」と苦笑した。

 たけしと軍団は頻繁に食事などをする間柄だが「退社の件は聞いていない」と説明。一方、「最近は『並行して3、4本の小説を書いている』とか、自分の作品の一節を朗読したりしていた」と変化を感じており、「これからは小説に力を入れると思う」と推測した。

 「殿は常々、『オレばっかりじゃなくて、ほかのヤツも(仕事で)使ってくれよ』とか言いながら、軍団の活躍を期待していた」と感謝。それを踏まえ、「殿は『オレが退くことで、軍団のマネジメントに力が入るのでは』と考えて退社したのかも」と分析し、まな弟子に対する愛情からの決断との見方を示した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000026-sanspo-ent




posted by 切葉鳩 at 07:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: