2018年03月18日

満島ひかり『海辺の生と死』の初ヌード「肌の艶」見逃すな

 30代を代表する演技派女優といえば満島ひかり(32)だ。2月、満島が初ヌードを披露した映画『海辺の生と死』のDVDが発売された。

 満島の事務所が製作に参加した『海辺の生と死』には、企画段階から満島自身も深く関わっていた。映画雑誌のインタビューで満島は「脚本で胸が大きい設定のヌードだったらどうしよう」と、製作段階から素肌を見せる覚悟をしていたことも明かしている。

 奄美大島を舞台に、戦時下での男女の愛を描いた本作で、映画批評家の前田有一氏に特に印象的なシーンを挙げてもらった。

「愛する男に特攻指令が出た彼女は、夜中に水ごりをします。服をすべて脱ぎ、水を肩から浴びる場面では、上半身がはっきり映し出され、水しぶきで肌の艶が増して引き締まった腹筋が浮き上がります。水浴び後にぶるぶると体と胸を震わせる姿からは、愛する人への愛情が強く伝わります」

 映画監督で俳優の榊英雄氏がこう語る。

「企画段階から関わった作品に対する “強い思い” があって、本気の演技を見せたのではないでしょうか。本当によい作品を作ろうというとき、どうしても男女の交わりや裸を避けたり、ごまかしたりしては作品が成立しない場合があるのです。監督も役者もトップの人たちはそれをよくわかっているのではないでしょうか」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180318-00010004-flash-ent



posted by 切葉鳩 at 21:49 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。