2018年03月19日

バドミントン混合複で渡辺・東野組が初優勝 全英OP

 バドミントンの全英オープンは18日、英バーミンガムで各種目の決勝が行われ、混合ダブルスで初の決勝に挑んだ渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)が第5シードの中国ペアに2―1で逆転勝ちし、この種目で日本勢の初優勝を成し遂げた。

 女子シングルスでは世界ランキング2位の山口茜(再春館製薬所)が同1位の戴資穎(台湾)に、0―2で敗れ、初優勝はならなかった。

 女子ダブルスは前日の準決勝で米元小春、田中志穂組(北都銀行)との日本勢対決を制した福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)と2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)との顔合わせ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180318-00000048-asahi-spo

posted by 切葉鳩 at 07:15 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: