2018年03月19日

ドル、105円台後半





 19日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、買い一巡後は伸び悩み、1ドル=105円台後半で推移している。正午現在、105円82〜82銭と前日(午後5時、105円65〜66銭)比17銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、105円90銭前後で取引された後、午前9時過ぎに「実需筋のまとまった買いが入った」(為替ブローカー)ことから106円10銭台に上昇した。もっとも、その後は戻り売りに押され、105円70銭台に反落。正午に向けてはやや下げ幅を縮めている。
 実需筋の買いに一時水準を切り上げたドル円だが、「日経平均株価が軟調となっているほか、森友問題で安倍政権への支持率が急落していることが圧迫要因」(FX業者)となり、ドル円の上値を重くしている。一方、20、21日にFOMCを控えて「積極的に動きにくい」(先の為替ブローカー)こともあり、目先は105円台後半のレンジ圏での値動きが続くとみられる。
 ユーロは対円を中心に下落。ドル円の反落にユーロ円もなびいた。対円でのユーロ安を受けてユーロドルもやや水準を下げた。正午現在、1ユーロ=129円84〜85銭(前日午後5時、130円14〜14銭)、対ドルでは1.2270〜2270ドル(同1.2317〜2318ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180319-00000062-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 12:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: