2018年03月19日

円、106円台前半





 週明け19日午前のロンドン外国為替市場の円相場は持ち高調整の中、1ドル=106円台前半を中心に推移した。正午現在は106円15〜25銭と、前週末午後4時(106円05〜15銭)比10銭の円安・ドル高。
 株安や日本の政局不安を背景に円が買われた海外市場の流れを引き継ぎ、円は欧州時間の朝方、105円90銭台で取引された。ロンドンでは米長期金利の上昇を眺めてドルに買い戻しが入り、円はもみ合いの中、じりじりと106円20銭近辺まで水準を切り下げた。
 英CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「米国と各国の貿易をめぐる緊張は引き続き懸念材料だが、今週は米連邦準備制度理事会(FRB)の追加利上げが見込まれている。0.25%の引き上げはあまり疑問視されていない」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2300〜2310ドル(1.2275〜2285ドル)。対円では同130円60〜70銭(130円20〜30銭)。
 ポンドは1ポンド=1.4050〜4060ドル(1.3915〜3925ドル)と、2月下旬以来3週間ぶり高値圏に急伸。英国の欧州連合(EU)離脱交渉で、離脱のショックを緩和する「移行期間」をめぐる合意が成立するとの期待感から、ポンドはさまざまな主要通貨に対して買われた。
 このほか、スイス・フランは1ドル=0.9525〜9535フラン(0.9525〜9535フラン)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180319-00000170-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 21:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。