2018年03月20日

ドル、106円台前半





 20日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、調整的な買いがみられ、1ドル=106円台前半へと小幅に上昇している。正午現在、106円21〜21銭と前日(午後5時、105円89〜90銭)比32銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、106円前後で取引された。仲値前後までは小幅に上下した後はやや買いが強まり、106円30銭前後に上昇。正午にかけては買いは一服し、若干水準を下げている。特段の材料は浮上しておらず、「ポジション調整的な買いがやや入ったのではないか」(為替ブローカー)と指摘されている。
 ドルは買いが優勢になったが、「日経平均株価は軟調なほか、日米政局が不透明になっているため、上値は重い」(FX業者)と指摘される。また、「22日未明のFOMCの結果公表を控えて積極的には動きにくい」(先の為替ブローカー)とされ、目先は現行水準を中心としたもみ合いが続くとみられる。
 ユーロは対円、対ドルで強含み。ドル円の上昇にユーロ円も歩調を合わせた。ユーロドルも小幅高となっている。正午現在、1ユーロ=131円13〜14銭(前日午後5時、129円92〜92銭)、対ドルでは1.2345〜2345ドル(同1.2267〜2268ドル)
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180320-00000096-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 12:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。