2018年03月23日

円、105円近辺





 週末23日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、ドルが売られた海外市場の流れを引き継ぎ、1ドル=105円近辺に上伸した。正午現在は105円00〜10銭と、前日午後4時(105円30〜40銭)比30銭の円高・ドル安。
 米中貿易戦争をめぐる警戒感から金融市場でリスク回避の動きが広がり、安全資産とされる円は朝方に104円80〜90銭台で推移した。ただ、午前10時ごろからは米長期金利が上昇に転じ、これを眺めてドルに買い戻しが入ると、円は105円近辺に水準を切り下げた。
 英CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は「(米国による対中制裁への報復として)中国が米国からの輸入品に関税を課すことを検討しており、トレーダーらは、これで貿易戦争が始まるのではないかと神経をとがらせている」と指摘した。
 ユーロの対ドル相場は1ユーロ=1.2340〜2350ドル(1.2305〜2315ドル)。対円では同129円65〜75銭(129円60〜70銭)。これに先立つオセアニア時間帯には一時128円97銭近辺と、昨年8月以来7カ月ぶりの安値圏まで値を下げていた。
 ポンドは1ポンド=1.4115〜4125ドル(1.4095〜4105ドル)と小高い。スイス・フランは1ドル=0.9470〜9480フラン(0.9485〜9495フラン)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180323-00000265-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 21:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: