2018年03月24日

フィギュア 樋口新葉2位・宮原知子3位

 フィギュアスケートの世界選手権は23日、イタリア・ミラノで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)8位の樋口新葉(17=東京・日本橋女学館高)が追い上げ2位に食い込んだ。SP3位の宮原知子(19=関大)は3位だった。優勝はケイトリン・オズモンド(22=カナダ)。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(15=ロシア)はジャンプ失敗が響き5位に終わった。

 最終グループの3番目に登場した宮原は冒頭の3回転ループに成功、この後もジャンプを次々と決めたが、演技終盤のジャンプで転倒があり、フリー135・72点、合計210・08点だった。

 樋口は、第3グループの最後に登場。冒頭の3回転サルコー、連続3回転を決めると勢いに乗り、後半の3回転フリップやステップでもほぼミスなく演技しフリー145・01点、合計210・90点だった。演技後は会心の表情を見せ、得点が出ると歓喜の涙を見せた。

 宮原、樋口の合計順位が「5」となったため、来年の世界選手権で日本女子は出場枠「3」を確保した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00000063-spnannex-spo




posted by 切葉鳩 at 07:08 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: