2018年03月24日

円、104円台後半





週末23日のニューヨーク外国為替市場では、米中が「貿易戦争」に突入することへの警戒感が広がる中、リスク回避の円買い・ドル売りが進み、円相場は1ドル=104円台後半に上伸した。午後5時現在は104円69〜79銭と、前日同時刻(105円23〜33銭)比54銭の円高・ドル安。
 トランプ米政権は23日、中国を主な標的に鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置を発動。これに強く反発する形で中国商務省は同日、米国からの輸入品128品目を対象に段階的に関税を上乗せする方針を表明。さらに、中国の崔天凱駐米大使がブルームバーグ・テレビのインタビューで、対抗措置として米国債購入を減額する選択肢も排除しない姿勢を示した。これに対し、米通商代表部(USTR)は知財権侵害で中国を世界貿易機関(WTO)に提訴したと発表。米中間で報復の応酬が始まるなど、貿易戦争に突入する様相を呈してくる中、投資家のリスク回避姿勢が一段と強まり、円買い・ドル売りが進み、円相場は昼ごろに一時104円66銭まで上昇した。
 この日はまた、トランプ大統領が18年会計年度(17年10月〜18年9月)歳出法案に署名、予算は成立した。当初懸念されていた大統領の拒否権行使に伴う政府機関閉鎖は回避されたが、相場への影響は限定的だった。
 市場関係者からは「米国の関税措置は法律上の決定事項。仮に米中2国間の交渉の結果、措置を撤廃することになったとしても手続きに時間がかかるため、(貿易戦争を材料とした)現在の相場の動きは一過性のものではなく、しばらく続くだろう。ドルの上値の重さからみて、円高・ドル安がもう一段進む可能性もある」(邦銀筋)との声も聞かれた。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2346〜2356ドル(前日午後5時は1.2295〜2305ドル)、対円では同129円40〜50銭(同129円45〜55銭)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180324-00000021-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
posted by 切葉鳩 at 07:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: