2018年03月26日

ドル、105円前後





 26日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、株価プラス転換に支援されてやや買われ、1ドル=105円前後で推移している。午後3時現在、104円96〜97銭と前週末(午後5時、105円02〜02銭)比06銭の小幅ドル安・円高。
 ドル円は早朝、若干買い戻されて104円80銭台で推移した。午前9時以降は機関投資家の押し目買いもみられ、仲値過ぎには105円台を回復する場面もみられた。その後は買いは一服し、105円を若干下回る水準で推移した。午後は、若干売られて104円80銭台に押し戻されたが、日経平均株価がプラス圏に浮上したことに支援され、105円前後に浮上した。
 ドル円は株高に支援されてやや水準を切り上げたが、「米中貿易戦争への懸念から上値は追いにくい」(為替ブローカー)とされ、105円前後からは伸び悩む動きとなっている。また、欧米市場の動きを見極める必要もあり、「目先は現行水準でのもみ合いが続く」(FX業者)とみられる。
 ユーロは対円、対ドルで小動き。午後3時現在、1ユーロ=129円77〜79銭(前週末午後5時、129円40〜41銭)、対ドルでは1.2363〜2365ドル(同1.2321〜2321ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180326-00000094-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
posted by 切葉鳩 at 15:13 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: