2018年03月27日

実現が望まれる稲村亜美の“神ヌード”

 今月10日に東京・神宮球場で行われた、日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開会式で始球式をつとめた、その後、中学生たちに取り囲まれ“痴漢騒動”が勃発していたタレントの稲村亜美(22)だが、その後の“神対応”で評価を上げた。

 始球式では、稲村が投球を終えた後、マウンドを囲んでいた数百人以上の選手たちが稲村に向かって突進。その様子を撮影した映像がSNS上に拡散。ツイッターでは、選手とみられる人物が稲村に「触った」と自慢するようなツイートもあった。

 「そりゃあ、お盛んな野球少年の前にあんなセクシーなホットパンツで出たら、ガマンできないでしょう。どさくさに紛れて監督やコーチも突進したとのうわさもあります」(野球担当記者)

 その後、稲村は所属事務所の公式サイトで痴漢行為を否定し球児にたちにエール。後日、登場したイベントでも一貫してその姿勢で対応した。

 「あれを見た各球団のお偉い方々は稲村をべた褒め。今年、12球団の各イベントに引っ張りダコではないでしょうか」(同)

 もともと“神スイング”でブレークし、その後、始球式のオファーも激増した稲村。間もなくプロ野球も開幕するが、そこで待望されるのが“神ヌード”だという。

 「173センチ、B86・W61・H88センチのまさに“神スタイル”。稲村本人もタレントとしてもうワンステップアップするために何かが足りないことを自覚している。ここで意を決して、野球へのリスペクトを込めたヌード写真集を発売すればバカ売れすること必至。全国の球児たちの欠かせない“おかず”になりそうです」(出版関係者)

 稲村とその周囲の“采配”に期待!
https://wjn.jp/article/detail/8570800/



タグ:稲村亜美
posted by 切葉鳩 at 17:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。