2018年03月29日

貴乃花の処分「ちょうどいい」

 新潮社の出版部部長、中瀬ゆかり氏(53)が29日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・0)に出演。日本相撲協会が協会に反発する行動を続けた貴乃花親方(45)=元横綱=に2階級降格処分を下したことに言及した。

 貴乃花親方は元横綱日馬富士(33)による弟子の十両貴ノ岩(28)への傷害事件に絡み、協会の調査を不服とし、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出。春場所で欠勤するなど物議を醸したが、弟子の十両貴公俊(20)による暴行問題を機に態度を一変させ、28日に告発状を取り下げていた。

 中瀬氏は「協会は貴公俊の事件で、ここぞとばかりに(一連の問題を)終結させたい姿勢があった。(しかし)貴乃花親方にあまりにもひどい扱いをすると世間から反発がある。ちょうどいい手打ちだと思っている」と感想を述べた後、「貴乃花親方がやったことはまったく無駄ではなかったとは思うけど、まさかこんな形の終わり方になるとは全然計算していなかった」と話した。

 貴乃花親方は今回の処分で委員から年寄になる。親方衆の序列で、年寄は再雇用者の参与を除いて最下位。貴公俊には1場所出場停止処分が科された。
http://news.livedoor.com/article/detail/14503378/

posted by 切葉鳩 at 20:51 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: