2018年03月31日

楽天、延長十二回の激闘制し、3年連続の開幕戦白星 藤田が決勝打



 楽天が十二回、2死一、二塁で藤田が決勝の右前適時打。開幕戦は球団史上初めて3年連続白星となった。

 先発・則本は7回1失点、150球の熱投。0−1の八回、銀次が2点三塁打を放ち、力投に応えた。

 延長では福山が2回を無失点。5番手の高梨が十二回を締めた。

 ロッテは五回2死三塁で、中村が左中間へ先制の適時三塁打。先発の涌井は要所を締め7回を無失点に抑えた。1点ビハインドの九回には鈴木が執念の同点打を放ったが、十二回に6番手の益田が決勝点を献上した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000223-dal-base

タグ:楽天
posted by 切葉鳩 at 06:35 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: