2018年04月04日

有働由美子アナ、NHKを退社 「今後はジャーナリストとして」本人語る

 紅白歌合戦の司会を7回も務め、8年前にスタートした「あさイチ」は不動の人気番組に――。まさにNHKの看板アナウンサーだった有働由美子アナが、3月31日にNHKを退社した。

 有働アナが寄せたコメントによると、今後は、一ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進していくという。

 有働アナがNHKに入局したのは、1991年。入局4年目で「NHKニュース おはよう日本」を担当。以後、紅白の司会や「あさイチ」だけでなく、「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」「スタジオパークからこんにちは」などNHKの代表的な番組でキャスターを務め、“NHKの顔”として活躍してきた。

「あさイチ」最後の出演となった3月30日。あいにく扁桃炎で満足な声を出せなかった有働アナだが、番組が始まったときからの名パートナー“いのっち”ことV6の井ノ原快彦と、明るく番組を終えた。このままNHKを去ることになるなど、一切感じさせない最後だっただけに、今回の退社報道にはびっくりした人も多いだろう。

 有働アナは、「27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりましたが、以前から抱いていた、海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をいたしました」とコメントした。

 さらに「今回の決断については、私の『ウドウロク』に本心を書きました。その言葉が、私の伝えたいことの全てです」と、今月末に文庫本として発売される著書に、素直な本心を綴ったことを明かした。

 退社という道を選んだ彼女が、これからどのような活躍を見せてくれるのか――。今後も有働アナの動向から目が離せない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180403-00540381-shincho-ent

ウドウロク


posted by 切葉鳩 at 06:33 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: