2018年04月05日

大谷翔平、2戦連発に米衝撃「この男は現実か?」「新人王を今あげろ」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地インディアンス戦に「8番・DH」にスタメン出場し、5回の第2打席で2号2ランを放った。全米を驚かせたメジャー1号から2戦連発、それも昨季のサイ・ヤング賞右腕コーリー・クルーバーから放った衝撃の一発の瞬間をMLB公式ツイッターが動画付きで紹介すると、米ファンから「この男は現実か?」「新人王を今あげろ」「こいつは史上最高」などと驚愕が再び広がっている。

 誰もが目を疑った。連日の衝撃が走ったのは、5回だった。2死二塁、大谷は昨季18勝を挙げ、サイ・ヤング賞を獲得した右腕クルーバーと対峙した。外角直球を強振。中堅方向に放たれた打球はぐんぐん伸びていった。そして、背走した中堅手が懸命にグラブを伸ばしてジャンプしたが、白球はその上を行き、中堅左のフェンスを越えた。

 一躍、スタジアムはお祭り騒ぎだ。しかし、前日と同様にヘルメットを押さえながらクールにダイヤモンドを一周。ただ、この日はベンチに帰ると前日の「サイレント・トリートメント」から一転、ナインが一斉に雄叫びを上げ、ハイタッチで出迎えた。次々と抱擁を交わし、大谷の表情にも思わず笑みがこぼれた。

 全米を驚愕させた前夜のメジャー1号から2戦連発となった。しかも、この日は相手が昨季サイ・ヤング賞を受賞したバリバリのメジャー一流投手だ。カブスのダルビッシュ有投手は「大谷がまたホームラン! しかも神様クルーバーから」と自身のブログで驚嘆の声を上げるほど、価値は高いものだった。

 MLB公式ツイッターは「まただ!大谷はアンコールを分かっている」と題し、一連の模様を動画付きで公開。衝撃の一発を目撃した米ファンから返信欄で続々と驚愕の声が上がった。

「ダメな投手からだから数には入らないよ…いや待て、サイヤング投手だ…」
「球界最高の選手」
「ワオ、サイ・ヤング2度からも打った!」
「新人王を今あげろ」
「オオ、オオ、オオタニ――この子はやるね。MLBにとって素晴らしいシーズンになりそうだ」
「素晴らしいタレントを連れてきたエンゼルスにおめでとう!」
「ワオ、この男は現実か?」
「こいつは史上最高」
「トラウトよりも良い」

 開幕戦のメジャー初安打を皮切りにメジャー初勝利、メジャー初本塁打、そして2戦連発。メジャーリーグでも常識を覆す大谷の勢いは、とどまることを知らない。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180405-00021260-theanswer-base

タグ:大谷翔平
posted by 切葉鳩 at 21:34 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: