2018年04月09日

#ShoTime 大谷、衝撃の完全試合未遂



 エンゼルス大谷翔平投手(23)が、メジャー初登板から2連勝を飾った。本拠地での投手デビュー戦となったこの日は、立ち上がりに3者連続で空振り三振を奪うなど完璧なスタートを切った。

 その後も毎回三振を奪う圧巻の投球。7回1死まで無四球無安打のパーフェクト投球だった。2番セミエンに左前打を許したが、7回91球で1安打無失点、12奪三振。7回2死二、三塁で最後の打者オルソンを空振り三振に打ち取った場面では、渾身(こんしん)のガッツポーズを見せ、「1発のある素晴らしい打者ですし、そういう打者を抑えられたってことはうれしかったです」と振り返った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00174380-nksports-base



投打の「二刀流」で活躍する米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平(23)がメジャー開幕2連勝を果たした8日、本拠地アナハイムのスタンドは総立ちとなった。「グレートでパーフェクトだ」「まさに大谷フィーバー」。開幕から続く快挙の連続に日米のファンが熱狂した。

 「大谷が出てくると勝つ感じがする。みんな三振を求めて総立ちになっているときにそれをやってしまうのがすごい」

 興奮を隠せないように語るのはロサンゼルスから応援に駆けつけた近藤貴裕さん(29)。友人の渋谷祐希さん(29)も「打たれる気が全くしない」と、間近でみる大谷の投球に圧倒されていた。

 活躍が続く大谷の雄姿に声援を送ろうと、スタンドには日に日に日本人ファンの姿が増えている。

 ロサンゼルスに住む榎本浩文さん(42)は「打って3試合連続本塁打、投げてもこの調子。日本人として誇らしい。緩急つけた投球がすごい」、妻のゆりさん(40)も「自信があって余裕さえ感じられる」と話し、熱い視線をマウンドに送っていた。

 地元オレンジ郡のルシオ・ヴェルディンさん(41)は「すばらしいよ。すでに大谷は二刀流をやってのけている。10本塁打10勝もできる」と太鼓判。妻のレティーシア・ペーニャさん(29)は「完璧だわ。見ていてわくわくする」と盛り上がっていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000508-san-base

タグ:大谷翔平
posted by 切葉鳩 at 12:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: