2018年04月09日

ドル、106円台後半






 9日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、早朝にやや売られた後は下げ渋り、1ドル=106円台後半でもみ合っている。正午現在、106円95〜96銭と前週末(午後5時、107円40〜40銭)比45銭のドル安・円高。
 ドル円は早朝、前週末の海外市場で下落した流れが続き、106円80銭前後に続落する場面がみられた。その後は売りは一巡し、106円90銭前後を中心とする狭いレンジ圏で推移している。日経平均株価は前週末の米株安を受けて軟調に始まったが、小幅ながらもプラス圏に転じ、「ドル円の支援要因になった」(FX業者)とされる。
 米中貿易摩擦への警戒感がくすぶっているが、「米中とも政治的なゲームを演じているとの冷めた見方に傾きつつあり、今のところ摩擦激化が懸念される状況にはない」(為替ブローカー)と受け止められている。
 ユーロも午前9時以降は対円、対ドルでレンジ圏。正午現在1ユーロ=131円27〜28銭(前週末午後5時、131円32〜32銭)。対ドルでは1.2273〜2274ドル(同1.2227〜2227ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000007-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 12:55 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: