2018年04月10日

イチロー計測 MLB屈指の走力

 4月5日、ミネアポリス。ツインズの本拠地開幕戦となった試合は午後3時開始にも関わらず気温はわずかに3度。キャンプで右ふくらはぎを痛めたイチローには、あまりにも酷な環境下での試合となった。

 故障再発は命取り。イチローに、寒さ対策について訊ねたら、ちょっと照れながら、こんな告白をしてくれた。

 「今回は下に履いていますけど(笑)。その程度ですけどね」

 下に履いていたもの、とは黒いスポーツ用のタイツ。普通の選手ならば当たり前の防寒着だが、ユニフォームの下に“パッチ”を履くことは、イチローの美学からすれば避けたいところだろう。

 だが、彼は照れながらも“パッチ”の存在を明かした。日々、彼の言葉には心を打たれることばかりだが、この日ばかりは、やたらと親近感が高まってしまった。

 4日のデトロイトでの試合が寒波のため中止になるなど、4月初旬の米国中西部は異常寒波に見舞われていた。だからこの試合も、正直なところ開催が危ぶまれていた。

 「(ケガを)していても、していなくても、今日は(タイツを)履いていますよ」

 尋常でない寒さでの試合であったことが、イチローの言葉に表れていた。

 選手たちが心の拠り所としていたのは「太陽光」と「微風」。この環境が揃えば、なんとか普通にプレーができる。だがこの日も、試合が進むに連れて太陽が厚い雲に覆われていき、5回には陽射しが全て奪われてしまう。

 「太陽が隠れて、風が出たら、これはダメです」

 とイチローが説明するほどの悪条件だった。そして、迎えた8回にはついに小雪が舞い出し、体感気温は氷点下1度。そんな状況の中で、イチローはまたしても信じられないことをした。






 3打数1安打で迎えた第4打席。マリナーズが1点を追う場面だった。

 イチローは2ストライクから救援右腕リードの83マイル(約134キロ)のスライダーを芯で捉えたが、不運にもマウンドの傾斜部分と投手のグラブをかすめ打球が二塁手の守備範囲へと角度を変えた。それでも内野安打はある。背番号51が全力疾走に入ると同時に記者席には緊張が走った。

 「右ふくらはぎは大丈夫か!?」

 判定は間一髪ながらアウト。一塁を駆け抜けたイチローはいつものように表情を変えずにダグアウトへと戻る。見た限りふくらはぎに異変は感じられない。ホッと胸をなでおろした。

 そしてその直後、筆者の心に、驚きにも似た感情が沸き起こることになる。

 リプレイをPCの映像で改めて検証してみると、信じられない数字がストップウオッチの画面に浮かびあがったのだ。

 「3.88」

 4秒を切ればメジャーでは俊足と評価されるなか、イチローは'15年シーズンに平均3.98秒を記録し、メジャー5位に入った。上位4選手は全て20代の若い選手の中、当時41歳がはじき出した数値はまさに異次元、驚愕の一言だった。

 さらに42歳シーズンの夏場には3.7秒台を連発。イチロー自身も当時、「3.7秒だったら、速いよね。去年より速いことは感覚的にわかっているんですけど、そんなに違うとはね」と、手応えを口にしている。

 だが、この'18年4月5日、イチローが置かれていた状況は、過去のものとはまったく違う。3月の春キャンプで右ふくらはぎを痛め、オープン戦は12打席しか立てなかった。その上に襲った小雪舞うマイナス1度の極寒の環境。しかも彼は今、44歳なのだ。

 「年齢の概念はイチローには無縁」と、頭では理解していても、彼が44歳であることは間違いなく事実。だから、何度もビデオを繰り返しチェックして、ストップウオッチで計った。

 「3.88秒」に間違いなし。

 何度計測しても揺るがなかったこの事実を、試合後のイチローに報告すると、目を丸くした。

 「ほう〜、そうですかぁー。それはなかなか速いですね、この時期に。だったら、これから、もっと速くなるね」

 そして、珠玉の笑顔。自身の走力に手応えを感じ取ったようだ。

 シーズンはまだ始まったばかり。

 もしも不似合いな“パッチ”がなければ、“もっと速かったはず? ”と思ったのは筆者だけなのかもしれないが。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180410-00830443-number-base

タグ:イチロー
posted by 切葉鳩 at 09:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: