2018年04月11日

日経平均、3営業日ぶり値下がり 中東情勢の緊迫化懸念





 11日の東京株式市場は、中東情勢が緊迫化する懸念から3営業日ぶりに値下がりした。日経平均株価の終値は前日より107円22銭(0・49%)安い2万1687円10銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は6・64ポイント(0・38%)低い1725・30。出来高は15億3千万株。

 前日の米国株が値上がりしたことを受け、日経平均は小幅高で始まったが、その後下げに転じた。シリアの化学兵器使用疑惑で、米国が近く対抗措置をとる可能性があるとして、「個人投資家がリスクを回避する動きが見られた」(大手証券)という。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000060-asahi-brf

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム
posted by 切葉鳩 at 17:24 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: