2018年04月13日

日経平均は118円高 米、TPP検討発言受け





 13日の東京株式市場は、日経平均株価が3営業日ぶりに値上がりした。日経平均の終値は前日より118円46銭(0・55%)高い2万1778円74銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同10・84ポイント(0・63%)高い1729・36。出来高は15億2千万株。

 トランプ米大統領によるTPP(環太平洋経済連携協定)への復帰検討の発言や、シリアへの武力行使は差し迫っていないとの発言が、投資家の警戒感を和らげた。

 日経平均は一時250円超上昇したが、先行きに不透明感もあり伸び悩んだ。市場からは「トランプ氏の発言が市場を左右する展開が当面続く」(大手証券)との声が出ている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000044-asahi-brf

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス
posted by 切葉鳩 at 15:58 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: