2018年04月13日

ドル、107円台後半





 13日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は終盤、投機筋による買いが強まり、107円台後半へと上昇した。午後5時現在は1ドル=107円63〜64銭と前日(午後5時、106円90〜94銭)比73銭のドル高・円安。
 東京の早朝は、107円20銭台を中心に推移した。午前は、日経平均株価の上昇や週末に伴う国内輸入企業のドル買いで、107円50銭付近に強含んだ。その後は伸び悩み、正午にかけては107円30銭台に緩んだ。午後は同水準で小動きしていたが、終盤に投機筋によるドル買い・円売りが強まり、ストップロスを巻き込んで107円60銭台に上昇した。
 ドル円は、シリア情勢や米国による保護主義などに対する懸念が後退し、「投機筋による上方向の仕掛けが入った」(FX会社)という。テクニカル的な節目である107円50銭を付けたことで「円買いポジションを巻き戻す動きが強まった」(資産運用会社)との声も多い。目先は「引き続きシリア情勢やトランプ米大統領の発言が材料視される」(国内銀行)とみられる。
 ユーロは、対円で上昇、対ドルでもみ合い。午後5時現在、1ユーロ=132円84〜84銭(前日午後5時、132円22〜22銭)、対ドルでは1.2341〜2341ドル(同1.2368〜2368ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00000024-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 18:07 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: