2018年04月14日

大谷翔平、初二塁打&中前打で今季3度目マルチ 決勝ホーム踏み6連勝に貢献

 エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦に今季初めて「7番・DH」で出場し、4打数2安打1得点と活躍した。2回に自身メジャー初の二塁打を放ち、スタメン出場では7試合連続安打を記録すると、1点を追う8回に中前打も記録して今季3度目のマルチ安打。その後、味方の犠飛で決勝のホームを踏み、エンゼルスは5-4で勝利。6連勝で12勝3敗と地区首位を快走している。

 ここまでスタメン6試合はすべて「8番・DH」で出場していた大谷は、打順を1つ上げて7番で先発。0-0で迎えた2回にいきなり快音を響かせた。1死走者なしの場面で、先発右腕ハメルの92マイル(約148キロ)の内角への厳しい直球を捉え、レフト線へ。これが自身メジャー初の二塁打となった。

 ここは得点にはつながらなかったが、エンゼルスは3回にプホルスの2ランで先制。大谷は4回無死一塁の打席では粘った末にフルカウントからの9球目を振って空振り三振に倒れた。さらに、2-4と逆転されて迎えた6回1死一塁では、ルーキー左腕ヒルの前にニゴロ。快足を飛ばしたが、わずかに及ばずアウトとなった。

 それでも、1点を追う8回に再び快音を響かせた。無死一塁で右腕グリムに2球で追い込まれたが、2球ボールを見極めると、5球目の83マイル(約134キロ)のカーブにうまく合わせ、センター前に運ぶ技ありのヒット。続くシモンズが犠打で送り、代打バルブエナが同点打。さらに、キンズラーがセンターへの犠飛を放ち、大谷が三塁から悠々と生還。これが決勝点となった。

 エンゼルスは逆転勝利で破竹の6連勝。大谷はスタメン出場では4試合ぶり、今季3度目のマルチ安打で打率.367に再上昇。好調エンゼルス打線を牽引している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00120725-fullcount-base

Number(ナンバー)950号 [特製“二刀流”表紙] MLB 2018 DREAM OPENING 大谷翔平夢の始まり。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))


タグ:大谷翔平
posted by 切葉鳩 at 13:50 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: