2018年04月18日

日経平均、2万2千円台を回復 4営業日連続で値上がり





 18日の東京株式市場は、米国の株高を受けて、日経平均株価が4営業日連続で値上がりし、2月28日以来約1カ月半ぶりに2万2000円台を回復した。終値は前日の終値より310円61銭(1・42%)高い2万2158円20銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は19・69ポイント(1・14%)高い1749・67だった。出来高は14億5千万株。

 前日のニューヨーク株式市場でダウ工業株平均が上昇したことを受け、日経平均は81円高で始まった。その後上げ幅は拡大し、一時340円以上値上がりする場面もあった。石油株や電機株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。市場では「底を打った感が強く、投資家の心理状態が明るくなった」(大手証券)との声が上がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000050-asahi-brf

[PR]騰落予想型AIが、日経平均を毎日予想。【日経平均騰落予想AI F-Trader】
posted by 切葉鳩 at 17:11 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: