2018年04月19日

「2018年本屋大賞」受賞作『かがみの弧城』100位圏外から1位に急上昇

かがみの孤城




 10日に発表された「2018年本屋大賞」で大賞を受賞した辻村深月氏『かがみの孤城』(ポプラ社/2017年5月発売)が週間5.0万部を売り上げ、4/23付オリコン週間BOOKランキングで先週付の100位圏外から急上昇し1位を獲得した。同作のこれまでの最高位は昨年6/12付での47位で、トップ10入りおよび1位獲得は初。辻村氏の作品のトップ10入りも本作が初となった。

 本作は、学校での居場所をなくし不登校になってしまった主人公・こころをはじめ、心に傷を負った中学生7人の冒険と成長の物語。受賞にあたり辻村氏は「この作品はどこかでうつむいている誰かにその顔を上げてもらいたい、そんな思いを込めて書いた本。本屋大賞は、書店員さんたちが『いちばん売りたい』本を選ぶ賞ですが、全国の書店員さんたちがこの本を必要とする人が絶対にいると信じ、その誰かに『届けたい』と投票してくれたのだろうと思うと、胸が熱くなります」と発行元の特設サイトでコメントを発表している。

 なお、本屋大賞受賞直後に初の1位を獲得した作品は、2012年受賞の三浦しをん氏『舟を編む』(2012/4/23付で獲得)から通算7作目。2014年受賞の和田竜『村上海賊の娘 上』(2014/4/21付で獲得)から6作連続となる。

 また、人気アイドルグループ・乃木坂46の星野みなみの1st写真集『いたずら』(白夜書房/10日発売)が週間売上4.2万部で、初登場2位を獲得。ジャンル別「写真集」では1位となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000357-oric-ent

乃木坂46 星野みなみ1st写真集 いたずら


posted by 切葉鳩 at 12:35 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: