2018年04月20日

ドル、107円台半ば





 20日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、午前の買いが一巡し、終盤に欧州勢による売りが強まったことから、1ドル=107円台半ばに伸び悩んだ。午後5時現在は107円55〜56銭と前日(午後5時、107円28〜29銭)比では27銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、107円40銭前後で推移した。仲値前後は五・十日に伴う売り買いが交錯し、107円40〜50銭台でもみ合った。その後は週末に伴う持ち高調整の買いで107円70銭台に浮上。午後は日経平均株価が小幅に値を下げる中、107円60銭台を中心に小動きした。終盤、欧州時間に入ると売り優勢となり、107円50銭台にやや水準を切り下げた。
 ドル円は、前日の海外時間に米長期金利が上昇したことを受けて、午前中は「実需筋のドル買いや投機筋の買い戻しに支援された」(銀行系証券)というが、午後は「株価下落を受けて上値が重くなった」(国内銀行)という。週明けは武田薬品工業による欧州同業シャイアー買収の可否が25日までに公表されるが、約6兆7000億円を提示していることから、「買収が決まれば大口のポンド買い・円売りとなり、ドル円も支援される」(外為仲介業者)との見方が多い。
 ユーロは終盤、対円、対ドルで下落。午後5時現在1ユーロ=132円56〜57銭(前日午後5時、132円91〜91銭)、対ドルでは1.2325〜2325ドル(同1.2388〜2388ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000023-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 18:22 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: