2018年04月23日

ドル、107円台後半





 23日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米長期金利上昇などを背景にした買いが優勢で、1ドル=107円台後半に上昇している。午前9時現在、1ドル=107円87〜87銭と前週末(午後5時、107円55〜56銭)比32銭のドル高・円安。
 ドル円は前週末の海外市場で、米長期金利の上昇などを背景に一時107円86銭まで上昇したが、米国株価の下落が重しとなり、終盤は107円台後半でやや伸び悩んだ。東京時間の早朝は、北朝鮮による週末の「核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射中止」表明などを受けて、107円80銭近辺に再浮上。その後、小緩んだが、午前9時に向けて改めて買いが入っている。
 ドル円は堅調となったが、「108円台を目前にした戻り待ちのドル売り・円買いなども控えている」(外為取次業者)とされる。市場では、「米長期金利が緩やかな上昇基調をたどり、株価も堅調に推移するなら、ドル買い・円売りに方向に傾き節目の108円台を突破してくる」(FX会社)との声が聞かれる。一方で、「安倍内閣の支持率低下報道など国内政局に対する警戒感もあり、東京時間では全般に小幅なレンジ内での動きにとどまる」(FX会社)との見方も出ている。
 ユーロは対円、対ドルでともに軟調。午前9時現在、1ユーロ=132円40〜41銭(前週末午後5時、132円56〜57銭)、対ドルでは1.2274〜2274ドル(同1.2325〜2325ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180423-00000014-jijf-market

[PR]【考えないFXトレード】
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 09:25 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: