2018年04月24日

仮想通貨 取引参加は30代中心





 仮想通貨の取引に参加する利用者の中心層が30代であることが分かった。平成30年3月時点で延べ約350万人が取引に参加し、年齢別に集計したのは約280万人分。このうち30代が96万人と全体の34%を占める。20代、40代を含めると85%(約240万人)に上るという。証券投資は半数以上が60歳以上といわれており、仮想通貨は、若年層で市場が形成されている実態が浮かび上がった。

 仮想通貨業界の自主規制団体「日本仮想通貨交換業協会」が、国内仮想通貨交換業者17社の取引状況を取りまとめ、明らかにした。

 内訳をみると、20代が29%(80万7千人)、40代が22%(63万人)の一方、50代は10%(28万人)、60代は3%(8万9千人)にとどまる。

 また、30年3月時点の預かり資産額は、全体の約95%が100万円未満で、そのうち約77%が10万円未満、10万〜50万円未満が14%だった。一方、100万〜500万円未満は全体の4%だった。

 このほか、29年度のビットコインなど主要5仮想通貨の取引量は、前年度比約20倍の約69兆円に上ることも分かった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000068-san-bus_all



タグ:仮想通貨
posted by 切葉鳩 at 15:37 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: