2018年04月26日

円、109円台前半





 25日のニューヨーク外国為替市場では、米長期金利の上昇を受けた円売り・ドル買いの流れが継続し、円相場は1ドル=109円台前半に下落した。午後5時現在は109円38〜48銭と、前日同時刻(108円76〜86銭)比62銭の円安・ドル高。
 米長期金利の上昇を背景に円売り・ドル買いが進んだ海外市場の流れを引き続き、ニューヨーク市場は109円23銭で取引を開始。10年債利回りがこの日も3%台で高止まりしたことから、その後もドルが買われやすい地合いが続いた。
 ただ、この日は主要な米経済指標の発表がなく新規の手掛かり材料が不足する中、2018年1〜3月期の実質GDP(国内総生産)速報値の発表を週末27日に控えて様子見ムードも広がった。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.2155〜2165ドル(前日午後5時は1.2228〜2238ドル)、対円では同133円03〜13銭(同133円03〜13銭)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000005-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 07:43 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: