2018年04月30日

張本氏、練習不足の大谷が走り込めば「米国のへぼバッターは打てない」

 野球評論家の張本勲氏(77)が29日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。27日に行われたヤンキース戦で左足首を捻挫した米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)について、「何回も言っているけど練習不足。走り込んでいないから。これからもっとでますよ。心配です」と切り捨てた。続けて「鍛えてなければけがをする。走り込んで投手をやれば、米国のへぼバッターは大谷を打てない。低いボールばかり振っている。大谷の速球はものすごいから」と強調した。

 大谷はアナハイムでのヤンキース戦に「5番・指名打者」で先発出場し、2打数1安打1打点、1得点だった。5番はメジャー初で、二回の第1打席では6日以来の先制の4号ソロを右翼に放った。だが、五回の次打席で二ゴロに倒れた際の走塁で左足首を捻挫し、七回に代打を送られた。球団によると症状は軽度で、チームドクターの診察やトレーナーの治療を受け、病院には行かなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000506-sanspo-base




posted by 切葉鳩 at 07:47 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: