2018年05月18日

ライザップ 客は減量、会社は膨張 月イチでM&A

 トレーニングジム大手、RIZAP(ライザップ)グループのM&A(企業合併・買収)攻勢がとまらない。婦人服にジーンズ、CD販売店、サッカークラブに新聞社も。ジムの客には減量を促すのに、自身は急膨張している。

 ライザップは3月、サンケイリビング新聞社を買収した。フジサンケイグループの同社は近年、フリーペーパー市場が縮小し、赤字続き。「そんなときにお話をいただき、これは絶対にいい話だと」とフジ・メディア・ホールディングスの深水良輔経営企画局長。昨秋に打診を受けると、とんとん拍子で話がまとまった。株式の20%は引き続きフジが持つが、80%は売却する。フジサンケイグループといえば、ニッポン放送に敵対的買収を仕掛けたライブドアの記憶が生々しいが、ライザップの瀬戸健社長は「力ずくでやってうまくいくわけがない」とライブドアとの違いを強調する。

 ライザップは昨年、フリーペーパーの「ぱど」を買収した。深水氏は「それ以来、我々も関心を持つようになって。ぱどとリビング新聞社が連携できるのではないか」と見た。瀬戸氏も配達面で相乗効果を見込めるほか、「広告の出稿枠が空いたときに我々の露出に使える。外部に出していた広告をグループ内に取り込む内製化ができる」と買収を決めた。

 リビング新聞の再建役として瀬戸氏が会長に起用したのが、過剰債務を抱えたUSENを立て直した経験がある中村史朗氏。ぱど、日本文芸社(出版)、北斗印刷などライザップが買収したメディア関連5社のトップを兼ねる。各社が相互に連携を強めるとともに、ライザップに誘客する仕組みも考えるという。

 これまでライザップが傘下に収めた64社の多くは経営難で、「引き取り手がないところばかり」と瀬戸氏。そこに中村氏のような再建手腕のある人材を送りこみ、再生軌道に乗せてきた。昨年買収したジーンズメイトには「ユニクロ」の元デニム責任者や商品開発経験者らを派遣し、「店舗から商品まで1年で大きく変わった」(吉田剛・経理経営企画課長)。まだ赤字だが、15年ぶりに既存店売上高が前年を上回った。ライザップには、買収した赤字企業を再建する再生ファンドのような性格がある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000063-asahi-bus_all




posted by 切葉鳩 at 15:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: