2018年06月13日

ドル、110円台後半





 13日午前の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測を背景に買いが継続し、1ドル=110円台後半まで上昇している。正午現在、110円60〜60銭と前日(午後5時、110円32〜32銭)比28銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、110円50銭台に強含んだのち、110円40銭前後でもみ合った。仲値ごろに再度ドル買いが強まり110円60銭台に付けた後、やや上げ一服となったが、改めて買いが先行している。
 米朝首脳会談の合意文書では朝鮮半島の非核化に向けた具体案は示されなかったが、波乱なく終了したことは「ポジティブに捉えられた」(大手邦銀)という。FOMCでは利上げペースの加速が示唆されるとの思惑から、東京時間は「ドル買い基調で111円まで上昇する可能性がある」(同)との見方がある。一方、「結果を見極めたい」(外為仲介業者)など慎重な声も聞かれた。
 ユーロは朝方に比べて対円で小幅上昇、対ドルで小動き。正午現在、1ユーロ=129円93〜94銭(前日午後5時、130円10〜11銭)、対ドルでは1.1747〜1748ドル(同1.1793〜1794ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000013-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
posted by 切葉鳩 at 13:05 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: