2018年06月27日

日経平均が値下がり 米中貿易摩擦への懸念で買い控え





 27日の東京株式市場は、日経平均株価が2営業日ぶりに値下がりした。日経平均の終値は前日より70円23銭(0・31%)安い2万2271円77銭。一方、東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同0・38ポイント(0・02%)高い1731・45。出来高は13億6千万株。

 米中の貿易摩擦への懸念から、積極的な買いを控える動きが優勢だった。米国が対イランの経済制裁で各国に同国産原油の輸入停止を要請したことが伝わり、原油先物価格の上昇で燃料費増が見込まれる空運や海運株なども下げた。野村証券の沢田麻希氏は「米中貿易摩擦が重しとなり、投資家が積極的に買いを入れない状況が続いている」とみる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00000074-asahi-brf

[PR]騰落予想型AIが、日経平均を毎日予想。【日経平均騰落予想AI F-Trader】
posted by 切葉鳩 at 16:19 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: