2018年07月04日

ドル、110円台半ば






 4日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、やや売りが先行して1ドル=110円台半ばに小緩んでいる。午前9時現在、1ドル=110円41〜41銭と前日(午後5時、110円98〜98銭)比57銭のドル安・円高。
 前日の欧州時間は、人民元売りが一服するとドル円も110円60銭台に下落した。米国時間の序盤は、低調な米株と米長期金利の低下を眺めながら110円50銭台に軟化。4日が独立記念日で米市場が休場となるため、終盤は株式・債券市場で積極的な取引は手控えられたことから、同水準でもみ合った。東京時間の早朝は、やや売りが強まり110円40銭台に小緩んで推移している。
 きょうの市場は「米国が休場で参加者が減るため積極的にポジションを傾ける動きはなく、ドル円は110円台半ばで推移する」(外為仲介業者)と予想される。一方、「ドル売りは一巡したようだが、中国株は弱そうで、日経平均も連れ安となればさらに下落する」(国内銀行)との指摘があった。
 ユーロはドル売り・円買いが波及し、対円で値を下げた。対ドルでも下落。午前9時現在、1ユーロ=128円73〜75銭(前日午後5時、129円50〜51銭)、対ドルでは1.1658〜1659ドル(同1.1670〜1670ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180704-00000042-jijf-market






タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 09:27 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。