2018年07月11日

ドル、110円台後半





 11日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米中貿易摩擦への懸念が改めて台頭し、1ドル=110円台後半に反落している。午前9時現在、110円85〜85銭と前日(午後5時、111円07〜08銭)比22銭のドル安・円高。
 前日の海外市場では、欧米時間はおおむね111円20〜30銭前後で底堅く推移した。内外株高を背景に「リスクオン的なムードが続いた」(同)とされる。その後、東京時間の早朝に米中貿易摩擦の激化が警戒されるニュースが伝えられ、ドル円は110円80銭台に急落した。午前9時に向けても同水準で取引されている。
 トランプ米政権は10日、2000億ドル(約22兆円)相当の中国産品に関税を課す追加制裁を行う方針を発表した。これを受けてドル円は111円台前半から急落。110円80銭台でいったん下げ止まったものの、「急落の余韻からなお売りが出やすい」(FX業者)とみられる。もっとも、追加制裁自体は「既定路線であり、売り一巡後は徐々に落ち着きを取り戻すのではないか」(大手邦銀)との声も聞かれる。
 ユーロも対円で急落。対ドルは小幅安。ドル円の下げにユーロ円もなびいた。午前9時現在、1ユーロ=130円01〜02銭(前日午後5時、130円46〜46銭)、対ドルでは1.1727〜1728ドル(同1.1745〜1745ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180711-00000029-jijf-market

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
posted by 切葉鳩 at 09:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: