2018年07月11日

ドル、111円台前半





 11日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、売り買いが交錯して1ドル=111円台前半でこう着した。午後5時現在、111円00〜00銭と前日(午後5時、111円07〜08銭)比07銭の小幅ドル安・円高。
 米中貿易摩擦への懸念から、午前のドル円は一時110円70銭台まで下落した。反落して始まった日経平均株価が下げ幅を縮めると、正午に向けて111円10銭台に浮上。午後は買い一服で111円付近でもみ合い、終盤も売り買いが交錯し同水準でこう着した。
 トランプ米政権が対中追加制裁の手続き開始を表明、中国側も対抗措置に言及したが、「新興国通貨が売られる一方でドルと円が買われ、ドル円の値幅は限られた」(FX会社)という。欧米時間は「(直近安値の)110円80銭台を割り込めば、さらに下押すことが懸念され、どのような動きが出るのか見極めたい」(同)と警戒される。
 ユーロは終盤にかけ対円で横ばい、対ドルで小幅上昇。午後5時現在、1ユーロ=130円26〜26銭(前日午後5時、130円46〜46銭)、対ドルでは1.1734〜1734ドル(同1.1745〜1745ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000026-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 17:31 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: