2018年07月16日

円、112円台前半





 週明け16日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、薄商いの中を1ドル=112円台半ばから前半で推移した。正午現在は112円30〜40銭と、前週末午後4時(112円35〜45銭)比05銭の円高・ドル安。
 アジア時間の終盤から欧州時間の早朝にかけ、米長期金利が上昇。これを眺めてドルが買われ、円は112円30銭台から同50銭台に下落した。その後、午前のロンドンでは新規の売り買い材料に乏しい中、ジリジリと買い戻される展開となった。商いは総じて閑散としていた。
 サクデン・フィナンシャルはこの日の外為リポートで「ドルは先週末に約半年ぶり高値圏の112円80銭近辺まで上昇後、利食い売りなどが出て下げに転じた。ただ(米中から)貿易に関する新たな発言はなく、投資家のリスク選好は維持されている」と指摘した。
 ユーロは好調。対ドル相場は1ユーロ=1.1710〜1720ドル(1.1660〜1670ドル)と、5営業日ぶりに1.17ドル台を回復した。対円では同131円55〜65銭(131円10〜20銭)。
 ポンドは1ポンド=1.3275〜3285ドル(1.3195〜3205ドル)に回復。ドル高一服を受け、ポンドに買い戻しが入った。このほか、スイス・フランも1ドル=0.9980〜9990フラン(1.0030〜0040フラン)と買われている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000003-jijc-brf

[PR]【考えないFXトレード】
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 20:52 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: