2018年07月16日

飽和状態の芸人コメンテーター、現場で評判がいいのは誰?

[PR]Amazon プライムデー会場


 最近増えてきた“芸人コメンテーター”。バラエティ色の強い情報番組だけではなく、硬派な報道番組にも出演することも多い。芸人の中には「コメンテーターをやりたい」と強く願う人間も多く、コメンテーターとしての出演は一つのステータスになりつつあるが、現場関係者から支持の厚い芸人コメンテーターは誰なのだろうか。

 まず、意外にも評判がいいのが『朝まで生テレビ』(テレビ朝日系)や『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演するウーマンラッシュアワーの村本大輔だ。村本は“専門家”が集う番組でもひるむことなく意見を出す。その積極的な姿勢を評価する人が多いようだ。

 「ゲスキャラで売り出した村本さんですが、『THE MANZAI』で社会風刺ネタを披露するなど、社会を変えようという意識が高い。漫画家で評論家の小林よしのり氏が以前、政治問題にコメントした村本に宛てたと思われる批判を、自身のブログで展開していましたが、それほど相手を本気にできるということ。話してみると、村本さんは常識人で知識が豊富。話の組み立ても上手で驚きます」(芸能記者)

 他には、『バイキング』(フジテレビ系)などに出演する土田晃之も好評だ。辛口でありながら難しい問題をうまくかみ砕いて説明できる。また父親の立場から物事を見られることも大きく、出演依頼が舞い込んでいるという。

 「土田さんの魅力は、ギリギリのラインまで言うべきことを言えること。土田さんのコメントは視聴者をスッキリさせていると思います。ただ、以前、生放送中に『殺すぞ!』と言ってしまったことがありました。話の流れからは冗談だとは分かりますが、番組中に謝罪することになってしまった。ちょっとした気配りができない点は今もまだありますね」(前出・関係者)

 また、最近じわじわと人気を集めているのは髭男爵の山田ルイ53世だ。コメントに嫌味がなく、使いやすい言葉を並べることができる。「自分が出すぎず、番組のことを考えられる」と評判で、共演者からも「やりやすい」と好感を集めているようだ。

 とはいえ、芸人コメンテーターに対する賛否は多い。どれだけ視聴者に好かれるかも重要な要素だろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000015-reallive-ent

posted by 切葉鳩 at 23:24 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: