2018年07月18日

ドル、113円近辺





 18日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、パウエルFRB議長の議会証言などで買いが優勢となり、1ドル=113円近辺に上伸している。午前9時現在、113円00〜00銭と前日(午後5時、112円34〜34銭)比66銭のドル高・円安。
 前日の海外市場でドル円は、欧州時間は112円30銭前後から112円60銭付近に上昇した。米国時間の序盤も、ドル買い地合い継続で112円70銭前後に続伸。中盤は、パウエル議長による上院銀行委での証言を受け、「米国の漸進的な利上げが意識された」(外為仲介業者)ことで、112円90銭付近に浮上した。その後は買い一服となり、112円80銭台で小動き。東京時間の早朝はドル買いが再燃し、約半年ぶりとなる113円台にまで強含んでいる。
 ドル円の上昇について市場では、「パウエルFRB議長による証言に目新しさはなかったが、ドル高地合いの腰を折る内容ではなかった」(大手邦銀)ため、米経済への楽観的な見方から買い進まれたという。6月の米鉱工業生産指数もドル買いを後押ししたものの「影響は限定的だった」(前出の外為仲介業者)とみられる。きょうの市場は「113円近辺で売りが出やすいが、年初来高値水準の113円40銭も意識される」(同)との指摘があった。
 ユーロは対円で小安く、対ドルで下落。午前9時現在、1ユーロ=131円71〜71銭(前日午後5時、131円75〜76銭)、対ドルでは1.1654〜1654ドル(同1.1728〜1728ドル)。
https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20180718-00000042-jijf-market


[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:為替 円相場
posted by 切葉鳩 at 09:29 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: