2018年07月25日

うたのおねえさん役CM「恥ずかしい」深田恭子“ギャップ商法”の強み

 女優の深田恭子(35)が23日、都内で行われた「東京ガスの電気 新CM発表会」に出席した。

 教育番組風の新CMにうたのおねえさん役として出演する深田は、青い衣装で登場。

 深田は、高い位置でのポニーテールの髪形について「普段なかなかしない、大胆なポニーテールです」と照れた表情を浮かべた。続けて「もうおねえさんの年齢ではないけど、小さいころに憧れたうたのおねえさんに、まさかなれる日がくるとは」と驚いた様子で語った。

 この日は、CM内で踊っているダンスと歌を子供たちと披露。CM撮影を振り返り「とにかく恥ずかしがらずにやりました!」。報道陣からポーズを要求されると「恥ずかしい〜」とためらいながらも、かわいらしい表情でポーズを決めた。

 イベントの司会者からは電気代がお得になるCMにちなんで「最近得したことは?」という質問が。すると深田は「ちょうどW杯やっている時に、撮影でフランスに行った。街が盛り上がっていて、なんていい機会に行ったんだろうと思った」とエピソードを明かした。

 うたのおねえさんぶりを見せた深田だが、その“ギャップ商法”は、芸能界でも参考にされているという。

「清純派とセクシー系、両方をこれだけ長くできている女優も珍しい。35歳になった深キョンは清純派路線もありつつ、昨年12月に発売した写真集もヒットしましたからね。亀梨和也との交際のきっかけになった3年前のドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)ではベッドシーンもやってのけた。今回のうたのおねえさんを含め、幅の広さは若手女優も参考にしてますよ」(芸能プロ関係者)

 世のおじさん世代が長らくとりこになった“深キョンマジック”は、まだまだ続きそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00000021-tospoweb-ent

タグ:深田恭子
posted by 切葉鳩 at 20:29 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: