2018年07月28日

円、111円近辺





週末27日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、4〜6月期の米実質GDP(国内総生産)統計が想定内の内容だったことを受けて円買い・ドル売りが優勢となり、1ドル=111円近辺を中心に強含みに推移した。午後5時現在は110円97銭〜111円07銭と、前日午後5時(111円17〜27銭)比20銭の円高・ドル安。
 米商務省が朝方発表した4〜6月期の実質GDP速報値は季節調整済み年率換算で前期比4.1%増と、前期の2.2%増から急加速したが、伸び率は市場予想(ロイター通信調べ)と一致。また、個人消費支出(PCE)物価指数が1.8%上昇、エネルギーと食料品を除いたコア指数が2.0%上昇となり、ともに市場予想を下回った。一部投資家の間ではGDP伸び率が4%台後半を予想する声があったほか、インフレ関連指標で引き続き物価の上昇が抑えられていることが明らかになったことから、円買い・ドル売りが優勢となった。また、原油安に加え、米株式相場が昼すぎに軟調に転じたことも、円買い・ドル売り地合いを支えた。
 ただ、来週30、31日に日銀金融政策決定会合、31日、8月1日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、この日は日米の金融政策決定や政策運営方針を見極めたいとの思惑が強まり、様子見ムードも広がっていた。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1647〜1657ドル(前日午後5時は1.1638〜1648ドル)、対円では同129円38〜48銭(同129円44〜54銭)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000008-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX


タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 07:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。