2018年07月30日

ドル、111円前後





 30日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、買いが一服した後は1ドル=111円台前後で小動きとなった。午後5時現在、111円02〜02銭と前週末(午後5時、111円02〜03銭)比同水準。
 ドル円は早朝、111円付近に強含んだ後、110円80銭台に下落した。仲値に向けては、月末の五・十日に絡む実需筋によるドル買いにより111円10銭近辺まで上昇。直後にやや弱含んだものの、正午にかけては111円10銭台まで買い進まれた。午後は買い一服となり、111円00〜10銭前後での値動きにとどまった。
 あすの日銀金融政策決定会合の結果発表を控え、ドル円は動きにくくなっている。長期金利の誘導水準に柔軟性を持たせるとの思惑が広がり、「市場は円高リスクに備えている」(シンクタンク)という。特段の変更がなければ「ドルの買い戻しが入る」(同)との指摘がある一方、「円金利が上昇する中では思惑的な円買いが入りやすい」(大手生保)との声も聞かれた。
 ユーロは対円、対ドルで小幅上昇。午後5時現在、1ユーロ=129円56〜56銭(前週末午後5時、129円30〜32銭)、対ドルでは1.1668〜1669ドル(同1.1646〜1647ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000016-jijc-brf

[PR]初心者もアクティブトレーダーもFXの取引は「みんなのFX」で。
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 18:45 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: