2018年08月31日

円、111円近辺





30日のニューヨーク外国為替市場では、アルゼンチン・ペソの急落などを受けて安全資産としての円が買い進まれ、円相場は1ドル=111円近辺に上伸した。午後5時現在は110円95銭〜111円05銭と、前日同時刻(111円63〜73銭)比68銭の円高・ドル安。
 この日はアルゼンチン中央銀行が今月2回目となる緊急会合を開き、主要政策金利を年60%に引き上げたにもかかわらず、通貨ペソが急落。他の新興国通貨にも売りが波及したことでリスクオフの地合いとなり、比較的安全とされる円に買いが集まった。
 その後ドル円相場はもみ合う展開となったが、トランプ米大統領が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する貿易制裁関税を来週発動したい意向だとの一部報道をきっかけに、終盤にかけてドル売り・円買いが一段と加速した。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.1666〜1676ドル(前日午後5時は1.1704〜1714ドル)、対円では同129円48〜58銭(同130円70〜80銭)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000008-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 07:18 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: