2018年09月21日

ドル、112円台後半





 21日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、内外の株式市場の堅調な推移を眺めて、1ドル=112円台後半でじり高となっている。午後3時現在、1ドル=112円76〜77銭と前日(午後5時、112円21〜21銭)比55銭のドル高・円安。
 ドル円は早朝、米株高を受けて買われた海外時間の流れを引き継ぎ、112円40銭台で底堅く推移した。午前9時、日経平均株価が上昇して始まると、ドル円も水準を112円50銭前後にやや切り上げた。正午にかけて112円70銭近辺に浮上した後、午後は日経平均株価が上げ幅を広げたのに合わせて、112円80銭近辺まで切り上げている。
 世界的に株高が進み、ドル円も「リスク選好の再燃で買いが強まっている」(外為仲介業者)という。また、海外時間にユーロや英ポンドが買われて円売りが進み、「円安主導のドル円上昇」(同)との声があったほか、「米長期金利が3%台で定着したこともドル買い材料となっている」(資産運用会社)との指摘もあった。「112円50銭台を上抜けて買いが強まった」(同)との声も聞かれた。
 ユーロは午後は対円で小高く、対ドルで小動き。午後3時現在、1ユーロ=132円89〜90銭(前日午後5時、131円26〜27銭)、対ドルでは1.1783〜1787ドル(同1.1697〜1697ドル)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000022-jijc-brf

[PR]FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX
タグ:円相場 為替
posted by 切葉鳩 at 17:33 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: