2018年09月28日

日経平均株価 終値 323円高の2万4120円、9月末株価バブル期以来高値





 3月期決算企業の中間期末を迎えた28日の東京株式市場で、日経平均株価が急反発した。終値は前日比323円30銭高の2万4120円04銭。9月中間期末としてはバブル経済が絶頂だった1989年以来29年ぶりの高値となった。

 外国為替市場で、1ドル=113円台半ばまで円安が進行。米国や中国での株価上昇も好感され、東京市場では海外事業の採算改善が期待される電機株や自動車株を中心に買いが先行した。

 28日の日経平均は一時2万4286円10銭まで上昇。取引時間中としては今年最高値(1月23日の2万4124円15銭)を上回り、91年11月以来となる高値を付けた。その後は最近の株高が急だったことから利益を確保する動きが強まり、徐々に上げ幅を縮めた。市場関係者は「現在の株価は好調な企業業績に支えられている」(大手証券)と語り、相場の底堅さを指摘した。

 89年9月末の日経平均は3万5636円。当時はバブル経済の最盛期で、年末には過去最高値となる3万8915円まで駆け上がった。その後はバブル崩壊で低迷。リーマン・ショックの影響で2009年3月には約7000円まで下げた。12年の第2次安倍政権誕生後は経済政策「アベノミクス」が好感され、急速に値を戻している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000077-jij-biz

[PR]「トレーダーズ・プレミアム」業界最高水準の株式情報サービス




posted by 切葉鳩 at 16:57 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。