2018年09月29日

大仁田厚氏 7度目の現役復帰wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

 昨年10月31日に6年ぶり7度目の引退試合を行った元プロレスラーの大仁田厚氏(60)が28日、東京・巣鴨のプロレスグッズショップ「闘道館」で会見を行い、7度目の現役復帰を発表した。

 今回の復帰は、今年7月の岡山県での豪雨に被災した少年から8月にプロレスリングA―TEAMの事務所に「鶴見で大仁田選手の試合が見たいです」と手紙が届き、長谷川GMと町田達哉広報が8月31日と9月1日に佐賀県神埼市に住む大仁田氏を訪問し復帰を直談判。「批判はすべて復帰を懇願したボクに責任。鶴見にコスチュームを用意して下さい」など懇願していた。

 返答をこの日まで保留していた大仁田氏はこの日の会見に長谷川GMと町田広報と登壇し2人に「感謝しています」と明かし、「条件があります。側面からプロレス界を応援したいという心意気だけはあります。ただ、あくまでプロレスラーと名乗ることは二度とないと思います。プロレスラーとしてリングに上がることはない。だけどプロレス大好きですから、日本人初のボランティアレスラーとしてリングに復帰したい」とA―TEAMの10・28神奈川・鶴見青果市場大会への出場を決意した。ボランティアレスラーとプロレスラーの違いを「ギャラをもらわないこと」とし今後はノーギャラでリングに上がることも宣言した。

 会見にはケンドー・カシンが記者として乱入し大仁田へ「パートナーが必要じゃないですか」と復帰戦のパートナーに名乗りを上げ、大仁田も快諾し、試合は6人タッグで大仁田、カシン、HASEGAWAがトリオを結成することになった。会見後に対戦相手がキム・ドク、橋本友彦、雷電組に決定し、試合形式は後日発表となる。

 大仁田氏は7度目の引退後、今年4月に佐賀県神埼市の市長選に出馬したが落選した。「市長爆破の夢も実現したいと思って下ります」と市長選への再出馬も掲げていた。今回の復帰に「批判もたくさんあると思いますけど、批判も応援だと思って頑張っていきたい」と声を張り上げていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000088-sph-fight

タグ:大仁田厚
posted by 切葉鳩 at 07:32 | 北海道 ☔ | Comment(0) | 世の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: